初回放送から賛否両論!どうなる!?ドラマ版「地獄先生ぬ~べ~」

いよいよ今月から2014年の秋ドラマがスタート。
今クールは、フジテレビの月9枠で「信長協奏曲」やNTV系で綾瀬はるか主演の「きょうは会社休みます。」など漫画原作のドラマが多いのも特徴。
その中でもNTV系「地獄先生ぬ~べ~」が初回放送後から話題となっている。
見た人の感想からドラマの評判を探った。
 
20141017_TOP
 
霊能力教師である、ぬ~べ~こと鵺野 鳴介(ぬえの めいすけ)が霊能力を使って妖怪や悪霊に憑りつかれた教え子を守る姿を描く「地獄先生ぬ~べ~」は、真倉翔(原作)、岡野剛(作画)による少年漫画。
「週刊少年ジャンプ」では平成11年まで約7年の間連載された。

10月11日より関ジャニ∞・丸山隆平主演の実写化ドラマが日本テレビ系列でスタートした。

地獄先生ぬ~べ~|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/nube/index.html

誹謗中傷を受け付けないはずの公式BBSが大荒れ
日本テレビの「地獄先生ぬ~べ~」のドラマ版の掲示板が大荒れのようだ。とはいえ、一見なんら普通の書き込みのように見えるが、批判投稿をフィルタリングしているようで、好意的な書き込みしか見受けられない。しかしこれら書き込みをお決まりの「縦読み」にするとそこには投稿者からの本心がうかがい知ることが出来るようだ。その内容があまりに酷い。
出典:『地獄先生ぬ~べ~』BBSの縦読みがあまりに酷いと話題に – DMMニュース

http://dmm-news.com/article/893320/

原作ファンや原作を読んだことのある人からは、厳しい意見も多い。
見える化エンジンでドラマの評判を分析
20141017_rank
Powered by 見える化エンジン
見える化エンジンを使って、Twitterでつぶやかれているドラマの評判を見て見ると「何も考えないで楽しく見れる」「原作を知らない人は、別物として楽しめる」などの意見も目立った。

原作ファンが元々いるが故に、賛否両論が巻き起こりがちな漫画の実写化ドラマだが、ここまでの反響はやはり珍しい。
BBSを始めとした反響は、今後制作側に影響を与えるのか!?

感想は、まさに賛否両論
子供達に大人気のアニメ「妖怪ウォッチ」を意識しているのでは?という声も多い。

 

意外と面白かったという声も。

地獄からの使者・覇鬼(バキ)を演じる坂上忍は、好評を得ているようだ。

 

過去に同枠で実写化された嵐・大野智主演ドラマ「怪物くん」と比較するつぶやきも。

 
中でも話題なのが「夜のMOCO’Sキッチン」!?
速水もこみちが出演する日本テレビ系『ZIP!』で放送中の「MOCO’Sキッチン」。
そのMOCO’Sキッチン内で高いところからオリーブオイルをかけるのは、もはや定番となっているが、「地獄先生ぬ~べ~」の中で速水もこみちが演じる家庭科教師・玉藻京介が高所からオリーブオイルをかけるシーンがあり、Twitter上で話題となっている。
 

見どころは、このオリーブオイルシーンだけという辛口な意見も・・・。

 

 
先生より生徒のほうが強そう!?という噂も
主人公の教師が生徒を守りつつ妖怪を退治するドラマだが、「主人公より生徒のほうが強いんじゃない?」と話題になっている。
・『地獄先生ぬ~べ~』に登場している3人のヒーロー
仮面ライダー鎧武 佐野岳
仮面ライダーメテオ 吉沢亮
海賊戦隊ゴーカイジャー 清水一希
出典:ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』に仮面ライダー2人と戦隊ヒーロー1人が出演している件(笑) – DMMニュース

http://dmm-news.com/article/893236/

主要生徒の男子学生5名のうち、3人がヒーロー役出身。視聴者は、ちょっぴり混乱してしまうかも!?
酷評が目立つが、気になる初回視聴率は?
11日にスタートした「関ジャニ∞」の丸山隆平(30)主演の日本テレビ「地獄先生ぬ~べ~」(土曜後9・00)の初回視聴率が13・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。初回は15分拡大で放送された。

前クールの同枠ドラマ「金田一少年の事件簿N(ネオ)」(山田涼介主演)の初回は12・4%だった。

出典:関ジャニ丸山主演「地獄先生ぬ~べ~」13・3%スタート (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000084-spnannex-ent

視聴率好調の日本テレビ
最近、日本テレビの日曜の夜帯視聴率は絶好調。
4月に番組改変を行なわなかったことが功を奏したようだ。
「夕方5時30分からの『笑点』から、夜10時30分の『有吉反省会』まで5時間、ほぼ毎週切れ目なく2ケタの視聴率です。直近の4月27日の日曜日でいえば、『笑点』の15.6%から始まり、『真相報道バンキシャ!』が13.1%、『ザ!鉄腕!DASH!!』が17.1%、『世界の果てまでイッテQ!』が15.8%、『行列のできる法律相談所』が14.9%、『おしゃれイズム』と『有吉反省会』は11%前後ときれいなまでに2ケタです」(芸能ライター)
出典:日曜日の日テレは最強!  高視聴率番組が並ぶワケ – ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/8801274/

「地獄先生ぬ~べ~」が放送される土曜日は、ドラマの視聴率が鍵を握っているという。
日曜日ばかりに目が向きがちだが、実は土曜日も日テレにはゴールデン帯に高視聴率番組が並んでいる。18時開始の『名探偵コナン』から22時開始の『嵐にしやがれ』まで2ケタが連続する週も目立つ。
「この枠は、日テレにとってかなり重要な位置を占めています。後番組の『嵐にしやがれ』は通常2ケタに乗りますが、時折1ケタに終わる日もある。その命運を握っているのが前番組のドラマ枠なのです。
これは、7~9月期に限った話ではありません。4~6月期は、嵐の二宮和也主演の『弱くても勝てます』が全11話放送されました。期間中、『嵐にしやがれ』は3度1ケタの視聴率に下がっています。すべて、『弱くても勝てます』も1ケタだった週です。しかも、4~6月での最高視聴率12.7%のときは、『弱くても勝てます』も全話中最高の13.4%を記録しています。いかに前番組と連動しているかがわかるでしょう」
出典:高視聴率の日テレ土曜G帯 ジャニーズ主演ドラマが命運握る (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141004-00000002-pseven-ent

後枠の番組の視聴率まで影響するとは驚きだ。
初回から良くも悪くもかなり話題となった「地獄先生ぬ~べ~」だが、ストーリー展開や視聴率など、この先まだまだ話題が続きそうな作品だ。
関連記事