今年はイケる!?凱旋門賞で金星あげるぞ!

海外で行われるにも関わらず、日本の競馬ファンをうならせ、イチバン盛り上がるレースといえば、日本時間10月5日(日)にフランスのロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞だ。
日本からは3頭の競走馬が登録。既にフランスで本番に備えているが、実力と能力を兼ね備えているだけに、今年は1着を狙えるのではないかと関係者の鼻息も荒い。
 
今年はイケる!?凱旋門賞で金星あげるぞ!
 
凱旋門賞とは?
凱旋門賞(フランス語表記:Prix de l’Arc de Triomphe)は、フランスで行われる競馬の国際大会。毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走で、距離は芝2400m。
フランスで育ったサラブレットがイギリスにも遜色のない優秀さを示すことを目的として開催されてきました。
そのため、凱旋門賞では繁殖馬の選定の競走と定められており、出走できるのは3歳以上の牡馬・牝馬で、せん馬(去勢されている馬)には出走資格が無いとされています。
日本でいえば、八大競走と呼ばれる皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス、天皇賞(春秋)、有馬記念等が格付けが高い最高峰として評価が一段階高く見られています。
競馬の国際グレードでは、国際セリ名簿基準委員会がセリ名簿に血統構成や競走成績を記載するために競走の格付けを行ったことが格付けの基準となっています。
出典:レースの格付け : 凱旋門賞 2014

http://xn--y9qv79bor2athh.jp.net/archives/000025.html

今年の賞金総額は昨年より20万ユーロUP!
本大会は、今年も賞金がとにかく凄い。
ここ数年は賞金総額が毎年上がっており、2012年開催の400万ユーロ、2013年は480万ユーロ、そして2014年はさらに増額され総額500万ユーロになります。
2014年凱旋門賞の賞金
1着賞金 285万7000ユーロ
2着賞金 114万3000ユーロ
3着賞金 57万1500ユーロ
4着賞金 28万5500ユーロ
5着賞金 14万3000ユーロ
↓↓↓
日本円に換算(1ユーロ137円で計算)
1着賞金 約3億9140万円
2着賞金 約1億5660万円
3着賞金 約7830万円
4着賞金 約3910万円
5着賞金 約1960万円
出典:凱旋門賞の賞金 : 凱旋門賞 2014

http://xn--y9qv79bor2athh.jp.net/archives/000029.html

2008年からスポンサーが「カタール・レーシング&エクストリアンクラブ」に変わったことによって賞金が大幅にアップ。
「カタール・レーシング&エクストリアンクラブ」は、2022年までスポンサー契約を結んでおり、今後も賞金増額が見込まれ、2018年から2022年の間には、総額がなんと530万ユーロになるとも言われている。
どの馬が来る!?気になるレースの行方
日本から参戦する3頭は以下のとおり。

 

3頭は、既にフランスで唯一の日本人トレーナーが開業している小林厩舎に入厩、本番に向けて調整をしている。

日本出走馬の最強のライバルとされる有力外国馬の存在も外せない。

実力実績はもちろん、凱旋門賞の行われるロンシャン競馬場では仏1000ギニーを勝利していることからコース適正もあり、現段階では日本出走馬にとって最強のライバルとなる存在ではないだろうか。
出典:【凱旋門賞】フランスの最強牝馬Avenir Certain(アヴニールサーテン)! – うまキュレ

http://umacure.net/archives/14466

無敗で最強と言われていたダグルーダが8月に2着で敗れており、日本馬の優勝に可能性と期待が増している。
昨年の勝者トレヴは、騎手が乗り替わることもあるため、これが吉と出るか凶と出るか…。
パブリックビューイングも開催
レース当日、10月5日(日)は、3か所の競馬場でパブリックビューイングが開催される。
東京競馬場(入場無料)
【開 場】 20:00(※イベント終了時刻は24:00)
【場 所】 フジビュースタンド1階~3階の一部
※ 入退場は正門3階および西門2階からのみとなります。
京都競馬場(入場無料)
【開 場】 22:00(※イベント終了時刻は24:00)
【場 所】 グランドスワン5階
※ 入退場はシンザンゲートからのみとなります。
新潟競馬場(入場無料、ただし新潟競馬開催日のため15:40以前は入場料100円)【開 場】 18:30(※イベント終了時刻は24:00)
【場 所】 ニルススタンド1階およびテラスプラザ
出典:みんなで応援! ~「2014凱旋門賞」パブリックビューイング~

http://www.jra.go.jp/news/201409/091904.html

なお、テレビ中継は、フジテレビ系列「すぽるとSP」内で23:15~24:30、グリーンチャンネルでは23:00からの放送が予定されている。

凱旋門賞に日本馬が出場し始めてから15年。
これまで数々の名馬を送り出し挑戦を続けたが、未だに勝利は掴めていない。

だが、過去に4度も2着になっている日本馬。
着実に世界で通用する戦い方を身に着けてきているに違いない。現地フランスからは、調教が順調に行われているとのニュースも届いている。
レース本番まで、あと数日。
日本馬が、どのような走りを見せるのか、楽しみに待ちたい。

関連記事