足の裏に激痛!もしかして、それは“モートン病”かも!?

トレンド予告 2014.08.13
外反母趾でもないのに、歩いていると足の裏が痛い。
指の付け根がしびれたり腫れている。
そんな症状で悩んでいる人は、もしかすると“モートン病”かもしれない。
女性に多く、悪化すると手術が必要になる可能性もあるというこの病。
あまり知られていない病だが、正しい知識を身につけておきたい。
 
足の裏に激痛!もしかして、それは“モートン病”かも!?
モートン病とは?
「モートン」は人の名前です。 モートン神経腫(モートン病、モルトン病とも呼ばれますが同じ病気です)を発見したのが、トーマス・G・モートンという人なのでこのように呼ばれています。
出典:モートン神経腫の名前の由来: モートン神経種情報館

http://sinkeidane.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-6913.html

モートン病は、足の裏の中指、薬指付け根にある神経が圧迫されて、しびれ、痛みなどが起こる神経痛の症状。
出典:「モートン病」とは? 足の中指・薬指の裏がしびれる人は注意

http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/26/morton-neuroma_n_5535525.html

モートン病の症状としては、外傷を負った記憶がないにも関わらず足指の間に痛みや痺れを感じることです。特に歩行時に症状が強くなる特徴があります。
出典:モートン病(症状・原因・検査・治療)(19足の指の痛み)【痛みから探す病気】

http://www.hitasin.net/19/post_89.html

こんな痛みなら要注意!
1.痛みはどんなときに出るのか
典型的なのは、歩いているとき、地面を蹴り上げかかとが上がった、つま先立ちのような状態のとき。足に鋭い痛みを感じることが多いです。
また、ハイヒールなど先のとがった靴を履いているときにも痛みは出やすいといわれています。
このほか、靴を履いたとき足が両側から圧迫されているときにも痛みが出ることもあります。
2.痛みが出る場所
モートン病の場合、痛みやしびれが出る場所が限られています。足の親指から数えて2番目と3番目の指の間、もしくは3番目と4番目の指の間、そして、それらの指のつけ根の一点に、集中して痛みを訴えることが多いです。指全体、あるいは足全体がしびれたり痛い場合はモートン病ではなく、別の原因によるものと考えられます。
(まれに、ほかの指の間にも発症するケースもあります)
専門医によると、こうした痛みやしびれが少なくとも1か月以上続く場合は、モートン病が疑われます。
出典:プレミアムトーク 松平健 【番組冒頭】女性は要注意 モートン病|NHK あさイチ

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2014/06/27/01.html

 
痛みが出る場所が限らており、指の間、指の付け根の一点に集中した痛みで
足全体がしびれる方は、モートン病を疑わなくもいいようです。
出典:モートン病とは 典型的な症状 足の専門医 仁木久照先生 NHKあさイチで紹介 – 健康関心事

http://kenkouk.seesaa.net/article/400398651.html

中腰の作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。
出典:「モートン病」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/morton_disease.html

歩いたり立っている際に体重が外側にかかるなど、靴のかかとの減りが外側だけのようであれば、姿勢や重心移動にも気をつけたい。
立ち仕事をしている人は、モートン病になる可能性も高くなるので要注意だ。
アーチが無かったりゆるいタイプの人にはモートン病になる人が通常より多く見られます。
出典:足の中指や薬指の付け根あたりが痛む!モートン病の改善法 | 健康生活 ? 元気の秘訣を毎日お届け

http://health-to-you.jp/mortondisease/mo-tonnbyounokaizenn2994/

通常足の裏にはアーチがあり、足の働きを支えている部分があるが、加齢とともに筋肉がゆるみ、アーチがなくなってきてしまう。
特に40代以上の女性が注意が必要で、悪化してしまうと足も付けることができないほど激痛が走るといいます。
出典:モートン病とは 典型的な症状 足の専門医 仁木久照先生 NHKあさイチで紹介 – 健康関心事

http://kenkouk.seesaa.net/article/400398651.html

意外とつぶやき数の多い20代
見える化エンジンで「モートン病」とつぶやいている人の男女比を見てみると、女性のつぶやき数が多いことが分かりました。
graph1
Powered by 見える化エンジン
幅の狭い靴を履き続けた中年の女性に多くみられることから、靴を履く時間が長くなることで、発症の割合が増えると考えられています。
出典:ハイヒール禁止令も?!足裏の3つの症状でわかるモートン病とは | 足裏イズム

http://ashiuraism.com/about-morton-disease.html

中年層に多いと言われている病気だが、つぶやいている人を年代別に見ると、意外にも20代が多くつぶやいていることがわかった。
graph2
Powered by 見える化エンジン
 

なぜ発症するのかは、まだ解明されていないというモートン病。
女性は、オシャレを楽しむ中で、ヒールを履く時間が長くなり足を酷使しているからなのだろうか?
しかし、男性の発症例も少なくないため、男女問わず足に合わない靴の使用は避けた方がいいだろう。
もし痛くなったら…
足指を曲げたり伸ばしたりするストレッチを定期的に行なってみてください。
出典:モートン病 : 足の裏の痛みが治った! 激痛から再起を遂げた中年男が語る本音

http://blog.livedoor.jp/ashinoura_itai/tag/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E7%97%85

ハイヒールや先の細くなった靴、サイズの合わない靴は禁止です。患部を安静にし、つま先に余裕のある靴をはきましょう。その際、足底挿板や足底パッドなどの装具を用いて、足のアーチを再構築します。
出典:ハイヒール禁止令も?!足裏の3つの症状でわかるモートン病とは | 足裏イズム

http://ashiuraism.com/about-morton-disease.html

テーピングなどを用いて足を固定し、元の位置に戻してあげる方法もある。

人間には固定をすると「過剰仮骨の吸収と付加骨の添加」という自然治癒力が発揮され、根本的に治癒してきます。上手く貼れた場合は最もサポート力はあります。
出典:足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

http://ashinoitami.net/16.html

他にも、治療法としては痛みを止めるための内服薬剤やブロック注射での治療がある。
ひどくなると脚全体に痛みが広がってしまうこの病。さらには、手術に至ることもあるので要注意だ。

「靴を履かないのが1番」と言われても、外に出る限り靴は必要になるから厄介だ。
歩いているときは痛いけれど、家に帰って靴を脱げば痛みがなくなるという人ほど放置しやすく悪化させてしまうことがあるという。
気になる症状が出たら無理をせず、すぐに病院で診てもらおう。

関連記事