ドロドロなのに面白い!「昼顔」「同窓生」今、不倫ドラマが人気なワケ

7月スタートのドラマの中でもひと際話題になっているのがフジテレビ系「昼顔」とTBS系「同窓生」だ。
2作品に共通しているのは「不倫」を描いたストーリーということ。
不倫をタブー視する傾向の強い日本だが、世間の反応は?
ビッグデータ分析の「見える化エンジン」でTwitterのつぶやきから評判を探った。
 
ドロドロなのに面白い!「昼顔」「同窓生」今、不倫ドラマが人気なワケ
 
ドラマの評判は?
Twitter分析ができる「見える化エンジン」のポジネガ分析機能で「不倫ドラマ」の評判を見てみると、意外にもややポジティブな意見が多い結果となった。
pojinega
Powered by 見える化エンジン
「面白い」「好きだ」「良い」などのポジティブな意見が多いが、中には「こわい」「イヤ」「嫌いだ」などの不快とする意見も目立った。

刺激的なところがいいという声

 

否定的な意見の中にはこんな声も

 

「面白い」と「ドロドロ」が混在するこんなつぶやきも

 
「昼顔」は上戸彩のセクシーシーンに期待
ドラマ「半沢直樹」のでは、半沢の妻・花を演じた上戸彩。
私生活でHIROと結婚したばかりということもあり、理想の奥さんとして話題になったが、今回「昼顔」で演じている人妻・紗和も人気のようだ。
Q.7月始まりドラマの主演・ヒロインの中で、付き合ってみたい人は誰ですか?

1位 北川景子『HERO』25.8%
2位 上戸彩『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』 11.1%
3位 本仮屋ユイカ『そこをなんとか2』 10.7%
4位 壇蜜『アラサーちゃん 無修正』 6.2%
4位 松下奈緒『芙蓉の人 ~富士山頂の妻』 6.2%

出典:7月期ドラマ「付き合いたい女優ランキング」–4位壇蜜、2位上戸彩、1位は

http://news.ameba.jp/20140801-140/

7月ドラマの付き合いたいヒロインランキングでは、2位にランクインした上戸彩。
「不倫の話なので、セクシーな濡れ場を期待している。」といった意見も多いようだ。
セクシーな俳優陣にも要注目
話題になっているのは、女優陣だけではない。
劇中で、不倫相手や夫を演じている俳優陣にも要注目だ。
上戸の夫を演じる鈴木浩介が会社の部下にエレベーター内で突然キスされるというシーンもあったのですが、Twitterではこれが一番エロいという見方も。「キスとかセックスは『してなさそうな人』がするのが1番そそる」とのことで、今後は彼の“男”が開花していく様もチェックしておきたいところです。
出典:北村一輝のおっぱい&顔面性器がエロすぎ!! イケメンたちの肉体美を楽しむドラマ『昼顔』 – messy|メッシー

http://mess-y.com/archives/10869/2

なんといってもそろえた男性俳優陣が、ある意味すごい。不倫相手の高校教師役は、「ガラスの家」(NHK)で、父の再婚相手と禁断の恋に落ちる男を演じて人気上昇中の斎藤工。画家役には、ワイルドさを前面に押し出した北村一輝。

これでもかというほど、男の色気ムンムン俳優のオンパレードなのだ。おまけにエンディング映像では斎藤と北村の際どすぎるヌードまで出てくるサービスぶり。

出典:上戸彩の不倫ドラマ なんといっても男性俳優陣がすごい(週刊朝日) (dot.) – Yahoo!ニュース

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140724-00000006-sasahi-ent

また、斬新なエンディングも色々な要素で話題になっている。

 

 
「昼顔」は録画再生率が高い番組?
ドキリとさせるセリフをはじめ、妻や夫がもつ“別の顔”の描写など、井上由美子の脚本が冴えている。ただし、このドラマを夫婦そろって見るのは、互いのハラを探り合う事態を招くからやめたほうがいい。その意味では視聴率もさることながら、最近話題の録画再生率【編註:番組を録画して放送終了後に視聴する人の割合を示す指標】が高そうな1本だ。
出典:朝から不倫『花子とアン』、上戸彩不倫『昼顔』、エグイ『家族狩り』…注目の夏ドラマは? ビジネスジャーナル

http://biz-journal.jp/2014/08/post_5594.html

内容が不倫だからか、夫婦で見るのはNGということなのだろうか?
話題性の割に視聴率が低めなのは、こっそりと録画で見ている人が多いからなのかもしれない。
『同窓生』は、視聴率挽回なるか!?
同じ不倫ものでも話題性、視聴率ともに今のところ「昼顔」の影に隠れてしまっている「同窓生」。今後、挽回できるのだろうか。
『同窓生~』のこれまでの視聴率推移は、10.9%、8.4%、そして今回の6.3%となっている。初回は何とか二桁に乗せることに成功したが、その後は2週連続で数字が低下傾向にある。第3話となる今回は前回から2.1ポイント下げて、ついに一桁台の半ばまで落ちてきてしまった。
出典:ライバル『昼顔』に完敗…不倫ドラマ『同窓生』第3話は視聴率の低下が止まらず THE NEW CLASSIC (ニュークラシック)

http://newclassic.jp/17784

早くもドラマのラストを予想するつぶやきも・・・。

 

この夏、Twitterで話題になっている不倫ドラマ。
実世界において不倫する気は無くとも、ドラマで男女関係のドロドロやスリリングな不倫関係を疑似体験できるところも、人気の理由なのかもしれない。

今後も、セクシーなシーンを織り交ぜながら視聴者を飽きさせないようにストーリーを展開させ、ファンを獲得していくことが視聴率アップへのカギと言えそうだ。

関連記事