ゴールデンウィーク「ディズニーランドが空いている」という噂は本当だった!?

なんでも世論 2014.05.09
2014年のゴールデンウィーク、今年も旅先や目的地に向かう途中で混雑や渋滞に巻き込まれた人も多かったのではないだろうか。
しかし、混雑していることで有名なあのスポットが「意外と空いている」ことが発覚した。
ゴールデンウィーク「ディズニーランドが空いている」という噂は本当だった!?
 
ゴールデンウィーク中に「空いている」とつぶやかれた数は!?
20140509_graph
Powered by 見える化エンジン
見える化エンジンで「空いている」とつぶやかれた日をチェックしてみると、twitterで最も「空いている」とつぶやかれたのは、連休初日の4月29日。
続いてカレンダー通りの休日の人は、連休中の出勤日にあたる5月2日。
お休みの企業も多いため「電車が空いている」というつぶやきが多く見られた。

 
あの東京ディズニーランドが空いている!?
大型連休に混雑している定番スポットと言えば、ディズニーランドだが、今年のゴールデンウィークは意外にも空いていたらしい。
ゴールデンウィーク最終日の5月6日は、以前からファンの間で空いていると話題になっていたようだ。

実際に空いていたとのつぶやきも。

なんとその前日5日も空いていたという声まで。

カレンダー通りのお休みの人にとっては出勤日にあたる2日も空いていたらしい。

ゴールデンウィークの最終日は、遠方からのお客さんが帰ったり、ゆっくり家で疲れをとりたい人が多いからか「空いている」とつぶやかれており、今年の東京ディズニーリゾートは5月2日、5日、6日が比較的空いていたようだ。
30周年だった昨年以外は空いていたゴールデンウィーク最終日
ゴールデンウィークですが、これは長期休暇の特徴として、最終日が目に見えて空くというセオリーがあります。2014年は5月6日(火・祝)が該当します。
実は30周年だった2013年のGW最終日は、2時間待ち以上が頻発する、そこそこの混雑になりました(それでも、連休中日よりはやや空いていました)。「GW最終日は空く」と有名になり過ぎたせいか、30周年で盛り上がっていた影響か、どちらでしょうか。
ちなみに2012年のGW最終日は、私も遊びに行ったのですが、人気アトラクションですら60分待ち程度をやや上回る程度で、平日並みに空いていました。参考にしてください。
出典:東京ディズニーリゾートが、土日祝日で空いているのはズバリこの日!【2014年版】 – Ameba News [アメーバニュース]

http://news.ameba.jp/20140325-130/

今年は、改築前ということも影響!?
空いていた理由の一つとして考えられるのが“改装”のニュースだ。
東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは28日、新アトラクションの導入や改装などテーマパーク事業に今年度から10年間で5千億円を投じると発表した。ここ数年の年間投資額は200億~300億円ほど。投資額をほぼ倍増させ、魅力をさらに高める狙いだ。
出典:ランドもシーも新改装目白押し TDR好業績で投資倍増:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASG4X51QCG4XULFA012.html

混雑を予想して回避した人が多かったからか、意外にもゴールデンウィークにディズニーリゾートが空いているという噂は、本当のようだ。

しかし、来年2015年のゴールデンウィークは、プロジェクションマッピングを駆使した新たな映像エンターテインメントを始め、アトラクションのリニューアルオープン、新規オープンなども予定されており、ゴールデンウィークも例年以上の混雑になる可能性がある。
2015年、ゴールデンウィークの混雑は、改装次第と言えそうだ。

5000億円を投じて行われるという東京ディズニーリゾートの大改装。
「永遠に完成しないテーマパーク」がコンセプトのディズニーランドは、この先どのような進化を遂げるのだろうか。

関連記事